四条室町歯科 インプラント・マウスピース矯正治療 京都市下京区・四条烏丸交差点近く・四条室町歯科インプラントセンター(部門名)一般歯科・矯正歯科

知って得する歯の健康雑学

妊娠中の歯磨きがお子様の健康を守ります

妊娠して女性ホルモンの分泌が増えると、口内環境が大きく変わります。妊娠中は虫歯や歯周病が発症しやすい状態になり、特に歯周病は早産や低体重のリスクを高めてしまうため、歯磨きといったお口ケアをすることがお子様の健康につながります。

歯とお口のトラブルが増えやすい
妊娠初期

妊娠初期はお口の中を清潔に保ったり、口腔細菌の働きを抑えたりする役割がある唾液の分泌量が減ってしまいます。さらに、「つわり」が起こるため、歯磨きすること自体が辛く感じる方も少なくありません。

妊娠中の歯磨きポイント

歯磨き

ポイント1歯ブラシの選び方

ヘッドの小さい歯ブラシ、ヘッドが薄いスリムヘッドタイプを選ぶのがおすすめです。口に入れても吐き気が起きにくくなります。

ポイント2糸ようじなどを使う

体調が良いときは、糸ようじやデンタルフロスを併用してみてください。歯ブラシが届きにくく歯垢が溜まりやすい歯間も、汚れを除去できます。

ポイント3歯磨き粉を使わない

歯磨き粉の味や匂いに反応してしまう方がいます。無理して使う必要はありませんが、使いたい場合は香料や味の強いものを避けたり、味を変えてみるのもおすすめです。

ポイント4口をゆすぐだけでもOK!

歯磨きが困難な倍医は、水やマウスウォッシュでのうがいだけでもお口の中がスッキリします。あくまでも補助的なものなので、可能な限り1日1回は歯磨きをしましょう。

セルフケア+定期検診が大切

妊娠中のお口の健康を守るには、ご自宅でのお口ケアと併せて定期検診に通院することが重要です。

妊娠が分かった時点でかかりつけの歯医者さんにご相談ください。
仰向けが難しくなる妊娠後期でも、お身体に合わせた定期検診を行います。

カウンセリングを受ける妊婦さん

ママとお子様のお口の健康はリンクする

妊娠中の歯周病や虫歯は、ママだけでなくお子様にも大きな影響を与えてしまいます。お子様の健やかな成長のためにも、できる限り歯磨きを行うことが大切です。

つわりの重さや妊娠時期によって、歯磨きができる人できない人がいます。その日無理なくできるお口のケア方法を実践して、お口の健康を維持・向上させましょう。