四条室町歯科 インプラント・マウスピース矯正治療 京都市下京区・四条烏丸交差点近く・四条室町歯科インプラントセンター(部門名)一般歯科・矯正歯科

知って得する歯の健康雑学

インビザラインによる矯正治療でよくあるご質問

インビザラインとは、透明なマウスピースを使った矯正システムです。装置が目立たず、ご自身で取り外せるため、矯正治療中も口元を気にせず笑顔で過ごしていただけます。
ここでは、インビザラインに関して患者様か多くいただくご質問をまとめていきます。

Q1 インビザラインは何時間装着したら良いのですか?

A1  推奨されている1日の装着時間は、20時間以上ですが、基本的に食事と歯磨き以外の時間は装着していただきたいです。
装着時間が治療効果にも影響するため、装着時間の管理も大切になってきます。

Q2 以前矯正治療を受けましたが、後戻りしてしまいました。インビザラインで治療できますか?

A2  インビザラインで治療が可能です。後戻りしてしまった方のご相談も多く受けております。お気軽にご相談ください。

Q3 マウスピースで本当に歯が動くのですか?

A3  治療に使用するマウスピースは、口腔内スキャナーにより、お口の中の3Dデータを取得し、理想の歯並びになるようにシミュレーションを行ったうえで、設計・製作します。マウスピースで歯に継続的に力をかけ、治療プランの通りに歯を動かしていくのです。
治療を開始する前に、どのように歯を動かしていくのか、治療後の歯並びはどのようになるのか、3D画像でご確認いただけますので、お気軽にご相談ください。

Q4 治療期間はどのくらいかかりますか?

A4  インビザラインによる矯正治療の期間は、お口の中の状態によって異なります。しかし、口腔内の3Dデータをもとにシミュレーションを行うことで、無駄なく歯を動かすことができ、従来の装置よりも治療期間を短縮することも可能でしょう。
カウンセリング時に治療期間のご説明もしますので、お気軽にご相談ください。

Q5 マウスピース矯正にデメリットはありますか?

A5  マウスピースは取り外せるため、つけ忘れ等があると、思うような治療効果が得られません。そのため、装着時間の管理が必要になります。
また、お口の状態によっては、インビザラインが適応しない場合もあります。