安全なインプラント治療の3原則

条件1 使用するインプラントの種類

国内でも多くの種類のインプラント体(材料)が使用されていますが、各メーカーのインプラント体にはそれぞれ特徴がありますので、特定のインプラントメーカーにこだわるのではなく、患者様にとって最も相性が良く安全なものを選択することが治療を成功に導くためには重要な要素と考えています。常時70種類以上のインプラント体を在庫に持ちバリエーションは300種類以上の中から、症状に応じて、最も適したインプラントを選択しています。

当院のインプラント治療(※)ではインプラント体(材料)に国内インプラントメーカー、ノーベルバイオケア、ストローマン、スプライン等、複数の一流メーカーのものを患者様の症状に合わせて使用しております。

条件2 綿密な治療の計画

どこから治療を始めていくのか、どの方法を選択することが患者様にとってベストなのか?
治療の計画を綿密に立てることは、治療を成功させるためには不可欠です。
患者様にとってインプラント治療が全てではありません。状況によっては、あえてインプラント以外の治療法を提案することも必要だと考えています。より安全に、安心してインプラント治療を行えるよう、歯周病検査、糖尿病検査、金属アレルギーの検査を必要に応じてすすめています。

条件3 インプラント治療の経験と症例数

条件2の綿密な治療の計画を立てる為には経験が必要です。やはり多くのインプラント治療の症例実績があるにこしたことはありません。

当院のインプラント治療は年間症例数1000本以上の経験豊富なインプラント専門医が行います。

アフターケアの重要性

一度治療が終わると天然歯と異なり虫歯になったりすることはありません。
しかし、ご自身の歯が残っている場合には、定期的な口腔内のお掃除をお勧めいたします。これにより、残っているご自身の歯の健康を保ち、口腔内のよい咬合バランスをキープしていきます。
患者様には月に一度の定期健診を受けていただくようお願いしています。口腔内を清潔に保ち、適切にお手入れしていただくことでインプラントを長持ちさせることになるからです。日頃の適切なお手入れ方法なども詳しくご説明いたします。

アフターケアの重要性 洗面台

インプラントのアフターケアに北欧式プログラム

北欧式プログラムとは、予防歯科が進んでいる北欧の国々に習ったプログラムです。主に「歯科疾患の予防」を目的とし、歯を削ったり詰めたりすることの無い診療です。
「むし歯菌(唾液)検査」や「歯周病菌検査(バナペリオ)」などを行いますので、インプラント治療のアフターケアにも最適なプログラムとなっております。

詳細を見る

北欧式プログラム歯科治療に使用する器具