京都でインプラントなら京都市下京区・四条室町歯科インプラントセンター。四条烏丸交差点近くです。

漢方薬・東洋医学的アプローチ

漢方薬・東洋医学的アプローチ 腎虚型

中医学では、腎は精を蔵し、髄を生じ、骨を養い、歯は骨の余りで、骨髄はまた歯を養うとされています。

つまり、腎は老化とともに、力が弱まり、そのため白髪になったり、歯が抜けたり、冷えたりと若いときには感じないような老化現象が起こるのです。
また、老化や久病などによって腎精を消耗し、歯槽骨(歯を支えている骨)に十分な栄養を与えなくなり、歯がぐらぐらしたりする症状が現れたりすると言われています。

【症状】

  • 歯の動揺、脱落、それら伴う足腰の脱力感や痛み、手足のほてり、口腔内や咽喉の乾燥感、のぼせなどの症状

【処方】

  • 六味地黄丸(手足のほてり、口腔内や咽喉の乾燥感、のぼせ等)
  • 六味地黄丸+立效散(痛みを伴う場合)
  • 六味地黄丸+立效散または麻黄附子細辛湯(痛みを伴う場合) など