オール・オン・フォー治療

オール・オン・フォー(All-on-4)

つらい入れ歯あきらめてませんか

入れ歯が苦手な方、歯がぐらつく重度な歯周病の方、差し歯に不満がある方等に適した新しいインプラント治療法となっております。

オール・オン・フォー(All-on-4)とは

オール・オン・フォー(All-on-4)とは、ポルトガルのDr.Pauro Maloによって提唱されている技術で、全ての歯を失った方・重度の歯周病の方のために開発された新しい治療法です。
従来、全ての歯を失った方にインプラント治療を行う場合、入れ歯を使わずにしっかりと噛めるようにするには、片あごだけで8~14本のインプラントを埋め込むのが一般的な治療法でした。そのため、治療期間が長くかかるだけでなく、埋入するインプラントの本数が多い分費用がかかったり、仮歯をつけてからも苦労する期間が長いというデメリットがありました。

強い歯でリンゴをかじる女性

支えるインプラントの数が多いと悪いという訳ではありませんが、従来のインプラントのデメリットを解消するために研究を重ねた結果、上下の片あごに4~6本のインプラントをバランスよく埋入することで、全ての歯を支えられることがわかったのです。 この技術がオール・オン・フォーです。
これにより、従来の治療法よりインプラントの本数が少なく済むため、費用を抑えることが可能になり、治療期間の短縮も可能になりました。
オール・オン・フォーを行うのに必要なアバットメントというインプラント装置はノーベルバイオケア社のみが発売しているため、ノーベルバイオケア社のインプラントシステムを導入している歯科医院でないとオール・オン・フォーの手術はできません。
当院はノーベルバイオケア社のインプラントシステムを導入しているのでオール・オン・フォーの治療を受けることができます。

入れ歯は不自由だけど金額が高すぎてインプラントなんて考えられない

忙しくて長期間にわたって通院できない

痛くないとわかっていても、何度も麻酔をして手術というのは精神的負担が大きい

オール・オン・フォーは上記のような理由で、精神的・経済的にインプラント治療を迷われている患者様にはおすすめの治療法といえます。
オール・オン・フォーに関する治療相談は無料ですので、治療をご検討されている患者様はお気軽にお問い合わせ下さい。

オールオンフォー治療 インプラントの埋入位置とインプラント埋入後

オールオンフォー治療 施術前と施術後

まだ歯が残っている人のためのHalf-on-2

片あご2本のインプラントのみで支える残存歯のある人のための治療法 (Half-on-2) もあります。
メリットは上記のオールオンフォーと同じです。
やはり従来の治療よりインプラントの本数を少なくすることにより、費用を抑え、同時に治療期間の短縮も可能にします。
Half-on-2に関する治療相談は無料ですので、治療をご検討されている患者様はお気軽にお問い合わせ下さい。